足立区でPRコンサルティング会社をお探しなら、PR会社USC

ベンチャーマーケティング通信


(本ページは、『足立区 PRコンサルティング』にて1位表示させるためのSEOテクニックを活用しています。SEO対策のノウハウにご興味があればこちらをご覧ください)

PRコンサルティングはお任せください

弊社ユーエス・コンサルティング(PR会社 株式会社ピーアールセンター)では、
下記のような広報PR支援サービスをご提供しております。

  • 日経本紙に挑戦!
  • マスコミ露出支援サービス
  • テレビ広報サービス
  • 中堅・ベンチャー企業共同記者会見サービス
  • 観光広報プレスリリースサービス

などなど、

業務委託形式またはコンサルティング形式にて、
オーダーメイドで、ご提供サービスをカスタマイズいたします。

今、課題となっている御社の広報PR、

  • どのサービス、商品を
  • いつごろ
  • どのようなメディアにアピールしたいのか

ぜひお聞かせください。

ご相談の流れ

お問い合わせいただますと、以下の流れで進めさせていただきます。

  • お問い合わせ – PRテーマ・ニュースの無料相談
  • 契約締結 – 担当者のアテンド
  • 記者交渉 – 記者には理解・納得・共感・社会的要素を強調
  • 記事化 – 報告書提出

契約期間および価格

もちろん、スポットの契約も可能ですが、
継続的にご支援させていただく契約をお勧めしております。

基本的には、
最短で半年から1年という契約期間となります。

※あくまで結果を出すための契約期間という発想です。
※ご提供サービスにご満足いただけなかった場合、いつでも中途解約が可能です。

広報PR業務を簡潔に整理しますと、

  • アプローチ先のメディアリストの整備
  • 訴求したいネタ(プレスリリース)の整備
  • 整備した資料に基づき、メディアにコンタクト

となりますが、

『企業経営』の中では、
メディアリストは財産ですし、常にブラッシュアップしていく必要があります。

また、
ネタが変わればリリースの内容も異なります。

そして、
広報PRもマーケティング同様、PDCAにて質を上げていくと共に、継続することが成功の秘訣です。

こういった観点より、

ご提供サービス、それに伴うコミッション(料金)につきましては、担当者の稼働時間(人件費)をベースに、最適なプランをご提案させていただくことになります。

実際には、
アテンドするスタッフ(のスキル)によっても異なってしまいますが、広報PR担当を1人雇用した場合の人件費等からイメージしていただければと存じます。

そのイメージの金額にて、
広報PR業務・実績30年のノウハウにて、ご支援させていただきます。

PR会社 株式会社ピーアールセンター CMO 内田悟志
(株式会社ユーエス・コンサルティング 取締役)

PR会社 株式会社ピーアールセンターは、
1,500社を指導した30年の実積でメディア露出をご支援いたします。


 
 広報PR業務はお任せください

弊社では、
新販促広報を提唱しています。

簡潔に申し上げますと、
販売促進のための広報PRです。

弊社が得意とするマーケティングのノウハウと広報PRのノウハウを組み合わせた戦略です。

広報PRまたはマーケティングの業務委託またはコンサルティング支援をご検討中でしたら、ぜひお気軽にご相談ください。

広報PRおよびマーケティング双方のご相談も、もちろんWelcomeです。

以下、SEO対策のテクニックに関するご紹介です。


自然検索で1位表示されるためのテクニック

テーマ性

Googleアルゴリズムには、
『テーマ性』というカテゴリがあります。

そのWEBサイトがどんなテーマで構成されているか、ということですが、

一言でいえば、
Googleからして、そのWEBサイトは、何のためのWEBサイトに見えるか、ということです。

人間の思考回路からではなく、あくまでGoogleアルゴリズムベースです。

例えば、
Googleクロームで、『シークレットウィンドウ』に切り替えたのち、
『足立区 PRコンサルティング』と検索してみてください。

なんと、
弊社ユーエス・コンサルティングの会社概要が1位に表示されます。
(2018年4月7日5:38現在 JST)

シークレットウィンドウとは

(PCの場合)Googleクロームを開いて、一番右上の点々をクリックすると、上部に『シークレットウィンドウを開く』と出てきます。これで検索すると、過去の検索履歴に関係なく、スタンダードな検索結果が表示されます。一方、シークレットウィンドウを使わない通常の検索の場合は、過去の検索動向より、よく閲覧しているWEBサイトなどが上位表示されます。

※最上部に表示されているのは、広告表示です(Google Adwords)

しかし、
大変残念なことに、会社概要のページです。

これでは、クリックする気にはなりませんよね。

実際問題、
『足立区』+『PRコンサルティング』での検索は、コンスタントに存在するのですが、Googleサーチコンソールによると、直近でクリックされた形跡はありません。

ということで、今回は、
既に1位表示されているページと、本コラムが差し変える、を目標に執筆していきます。

テクニカルなところを一旦整理します。

『足立区 PRコンサルティング』にて、

2018年4月7日現在、
こちらのページが1位となっています。
弊社会社概要 http://the104.net/us-consulting/company/

これを、

本コラムを、1位表示にさせようとしています。
http://the104.net/column/196/

あわよくば、
『北千住 PRコンサルティング会社』
など、関連キーワードでの上位表示も実現できればと思います。

※ひっそりと『北千住』もページ内に埋めています。

Googleアルゴリズム

さきほど、
『テーマ性』という言葉をご紹介いたしましたが、会社概要のページよりも、より『足立区 PRコンサルティング』というテーマに沿ったページを作成すれば、1位に表示される可能性が高いといえます。

ということで、
本ページが、上部のような内容となっています。

今一度、確認してみてください
トップにスクロール

SEO対策の裏技

本コラムのコンセプトとは関係なく、

既に、1位になっているページを有効活用する方法をご紹介いたします。

すごく簡単です!

それは、内容を差し替えるのです!

今回でいえば、
既に1位になっている会社概要のページを『PRコンサルティングサービス』のページとして内容を変更するというテクニックです。

それだと、会社概要のページはなくなっちゃう?

いえいえ、
ページを複製して別に設ければ良いのです。

WEBサイトの構成が若干変わってしまうため、内部リンク等の調整は必要になりますが、ほぼ100%、1位を維持した上で、内容を差し替えることができます。

差し替えのポイント

既存の内容を残すようにしましょう!

Googleは現在の内容を評価して、1位に表示しています。

ですので、
内容が大幅に変わってしまうようだと、順位が下がってしまう可能性があります。

リライトする際は、

上部には、
より『足立区のPRコンサルティング』に即した内容を、

下部には、
既存の内容を、という構成であれば、足立区で活躍するPRコンサルティング会社として、情報が充実した、とGoogleに認識させることができ、1位表示を維持する可能性が高いと言えます。

検証

話を一旦整理いたします。

今回、

①本コラムを『足立区 PRコンサルティング』で1位にしようという施策です。

数日様子をみて、

②もし、うまく差し変わらないようであれば、『裏技』と表現したリライト策を講じる予定です。

どうして②を先にやらないの?

と、疑問に思われるかもしれませんが、②にはリスクが伴います。

ほぼ100%、と断言したものの、『ほぼ』です。

せっかく1位に表示されているのが、順位が下がる、または圏外に消える可能性があります。

ですので、
リスクのない①を講じて、だめなら②、という方法を取りたいと考えています。

結果を楽しみにしていてください。

【追記:2018年4月7日10:30】
『足立区』+『PRコンサルティング』で、1位になりました。

SEO対策の基本中の基本テクニック

最後に、SEO対策の基本テクニックについてご紹介させていただきます。

こちらもすごく簡単です。

ページ単位でいえば、
SEO対策のために、重要となる項目は以下の通りです。

  • h1
  • 文字数
  • SNSとの連携
  • h2
  • h3
  • METAタグ
  • 内部リンク
  • (画像)

h1

本コラムでは、
ページトップに表示するタイトルです。

『足立区 PRコンサルティング』というキーワードで上位表示を狙うなら、できるだけ前方に『足立区』『PRコンサルティング』というキーワードを配置しましょう。

一方で、
『PRコンサルティング 足立区』を狙うなら、『PRコンサルティング』『足立区』の順番で、同様できるだけ前に配置します。

前後の違いで、結果は変わりますのでご留意ください。

文字数

Google先生は、
文字数が多いサイト、ページを好みます。

1ページあたり、
5,000文字が目安となります。

上位表示を狙うなら、
できるだけ沢山の関連キーワードを利用するというがポイントです。

SNSとの連携

他のコラムで紹介していますが、ブログカードの設定を必ずするようにして、SNSでシェアするようにしてください。

h2、h3

h2、h3は、タイトル同様、目次に該当する設定です。

h1→h2→h3、という風に、Google先生が理解しやすい章節を設定してください。

もちろん、
h1同様、アピールしたいキーワードを利用するようにしてください。

ただし、
h2やh3や使いすぎないことがポイントです。文章量に合わせて適切な数の利用にとどめてください。

薄っぺらい本なのに、たくさんの章や節で区切られている本は読みづらいですよね。

h2、h3の乱用で、Google先生に嫌われるのは避けてください。

※h1は、1ページに1つだけとしてください。

METAタグ

Google検索の結果に表示される『タイトル』や『説明文』は、それぞれ<title>や<meta name=”description”>にて設定します。

検索結果の表示内容で、クリックされるか否かが大幅に変わりますので、検索キーワードを意識すると共に、そのページの概要を簡潔に述べるように心掛けてください。

※なお、重要キーワードは、h1などと同様、できるだけ前方に配置するようにしてください。

内部リンク

他のページで詳細な説明をしているときは、内部リンクを活用し、WEBサイト全体を使って、ユーザーの情報収集欲求を満たすようレイアウトしてください。SEO対策の観点でいえば、Google先生対策ではありますが、WEBサイト内で、関連ページが相互にリンクし合っていると、ユーザービリティが高いと評価されます。

基本的には、
ユーザビリティの高い設計であれば、必然的に内部リンクを活用したページになるかと思います。

ただし、
無駄に内部リンクが多いページは嫌われますので、上述、必要に応じて内部リンクをつける、を心掛けてください。

画像

文字だけのページは、なんとなく読みづらいですよね。Google先生も、画像があるページを好みます。視覚効果レベルで構いませんので、適度に画像を利用するよう心掛けてください。

以上、『SEO対策の基本中の基本テクニック』のご紹介でした。

『中小企業のための何でも屋さん』というミッションのもと、

本コラムでは、
まだまだ、自然検索(コストゼロ)で、上位表示を実現する方法をお伝えしていきますので、

引き続き宜しくお願いいたします。

内田悟志のベンチャーマーケティング通信でした。


 
 内田悟志のベンチャーマーケティング通信

  • SEO対策を強化して自然検索で上位表示させたい
  • WEB広告を利用して、集客、販促を実現したい
  • SNSを活用して、新規顧客を開拓したい

など、
WEBマーケティングに課題やお悩みを抱えているようでしたら、
以下のお問い合わせフォームより、お気軽にご相談ください。

株式会社ユーエス・コンサルティング
東京都足立区千住4-10-5F(北千住)