経済産業省が『健康寿命延伸』のため事業企画を公募

公募

経済産業省が、
平成30年度「健康寿命延伸産業創出推進事業(事業環境整備等事業)」を実施する委託先を、以下の要領で募集しています。

関連事業者様、
健康寿命延伸のご支援を宜しくお願いいたします。

事業概要

  • 地域版次世代ヘルスケア産業協議会の機能強化に資する調査
  • ヘルスケアビジネスモデル創出事業の普及広報
  • ヘルスケアサービスの品質の見える化に関する調査
  • ジャパン・ヘルスケアビジネスコンテスト、グローバルヘルスケアビジネスサミット(仮称)の開催
  • 生涯現役社会実現に向けた環境整備
  • 次世代ヘルスケア産業協議会「アクションプラン2018(仮称)」に基づく調査等
  • 次世代ヘルスケア産業協議会「アクションプラン2018(仮称)」に基づく調査等

事業目的

少子高齢化が進行する中、
今後もGDPを越えるスピードで増大する医療・介護費用の公的負担の適正化は喫緊の国家課題です。

国民医療費のうち医科診療医療費に占める生活習慣病の割合は全体の1/3を占めており、その要因は若年期からの運動や食事などの生活様式の変化や健康への無関心にあると言われています。

そこで、
公的保険外の予防・健康管理関連の製品・サービスを提供する「健康寿命延伸産業」を創出し新産業を育成するとともに、医療費の適正化につなげ、国民の生活の質を向上させる、一石三鳥の実現を目指しています。

さまざまな施策を通じて、
ヘルスケア産業が地域に根ざして事業性と地域貢献性を両立させ、生活者にとってヘルスケアサービスが持続的・安定的に提供されることが重要であり、事業環境の整備を引き続き推進することを目的として実施するものです。

公募期間

平成30年3月9日(金)~平成30年4月2日(月)17時必着

関連資料(公募要領)はこちら