SEO対策としての301リダイレクト【SEO会社のおすゝめ】

ベンチャーマーケティング通信

集客支援会社 ユーエス・コンサルティングの内田です。

今回は、
301リダイレクトを使って、不要になったWEBサイトを、SEO対策に利用する方法についてご紹介いたします。

301リダイレクトとは

301リダイレクトとは、
URLを恒久的に変更する際に用いる転送処理のことです。

WEBサイトを新規に(新規ドメインで)立ち上げたとしましょう。

この場合、
古いWEBサイトを非公開等にしない限り、その後も古いWEBサイトへのアクセスが発生する可能性がありますよね。

ユーザーからすると、
古いWEBサイトの情報が最新だと思ってしまいます。

それを避けるため、
古いWEBサイトへアクセスした場合でも、新しいWEBサイトに自動転送させる、その仕組みが301リダイレクトです。

ちなみに、
同ドメイン内でも、301リダイレクトは可能です。

こんな感じです↓

①のURLをクリックしてみてください。

②のページ(=本コラム)が開きますね。

http://the104.net/column/301redirect/
http://the104.net/column/468/

この仕組みがSEO対策になるの?

と、思いますよね。

では、さっそく、

SEO対策としての301リダイレクトとは

301リダイレクトで転送すると、
転送元のページが持っていた被リンク等の評価を、転送先のページに引き継ぐことができます。

その仕組みを利用すると、
不要になったWEBサイトの評価を、新設サイトに引き継ぐ、というSEO対策が可能なのです。

さっそく、本題に入りたいと思います。

今回利用するWEBサイト(不要になったWEBサイト)は、以下の2つのWEBサイトです。

不要になったWEBサイト:
http://biz.the104.net/ ※既に301リダイレクト処理ずみ
http://hana.the104.net/ ※①も301リダイレクトの処理前は、このようなWEBサイトでした。

※①②双方共に、かつて、キーワード『北千住 口コミ 美容室』のSEO対策用WEBサイトでした。

現在のWEBサイト:
http://hairmakehana.com/

ただし!

2つとも301リダイレクトをしてしまうと、
リダイレクト設定が完了した後に、本コラムを読んだ方は、なんのこっちゃ、になってしまいますので、

今回は、
①だけを現在のWEBサイトに転送します。
現在のWEBサイト: http://hairmakehana.com/

まずは、
以下の転送を実際におこなってみます。

転送元: http://biz.the104.net/
転送先: http://hairmakehana.com/

301リダイレクトの方法

WordPressの場合

まずは、
WordPressを利用しているWEBサイトの場合ですが、

『Redirection』というプラグインを利用すると大変簡単です。

たったこれだけです。

転送元と転送先のURLを入れて、『転送ルールを追加』をクリックするだけ。

もちろん、
トップページだけではなく、以下のように、ページ別に設定することで、個別に転送元と転送先を決めることができます。

転送元: biz.the104.net/concept/
転送先: http://hairmakehana.com/?page_id=40

とっても簡単なSEO対策です。

WordPress以外での方法

.htaccessファイルに以下のコードを一行追加する方法であれば、WordPressでなくても、301リダイレクトが可能です。

【例】上述の301リダイレクトの場合( ↓ この一行だけです )

Redirect 301 /concept/ http://hairmakehana.com/?page_id=40

こちらも簡単ですね。

以上、『SEO対策としての301リダイレクト【SEO会社すゝめ】』でした。

本コラムでは、
まだまだ、自然検索(コストゼロ)で、上位表示を実現する方法をお伝えしていきますので、

引き続き宜しくお願いいたします。

内田悟志のベンチャーマーケティング通信でした。


 
 内田悟志のベンチャーマーケティング通信

  • SEO対策を強化して自然検索で上位表示させたい
  • WEB広告を利用して、集客、販促を実現したい
  • SNSを活用して、新規顧客を開拓したい

など、
WEBマーケティングに課題やお悩みを抱えているようでしたら、
以下のお問い合わせフォームより、お気軽にご相談ください。

足立区のSEO会社 ユーエス・コンサルティング