SEO対策、コンテンツマーケティングの失敗事例

ベンチャーマーケティング通信

中小ベンチャー企業のための集客支援会社
ユーエス・コンサルティングの内田です。

こんなこと、感じた時ありませんか?

  • PV(ページビュー:閲覧数)が伸びない
  • お問い合わせがこない

『PVが伸びない』と感じた時、

  • 原因を究明していますか?
  • 改善策は取っていますか?

ところで、

PVの内訳を理解していますでしょうか。

PVの内訳?

流入元というのは、
ざっと、以下の10種となりますが、

  • Organic Search(自然検索)
  • Paid Search(有料検索)
  • Social(SNS)
  • Referral(外部サイト)
  • Direct(ブックマーク等)
  • Other Advertising(広告)
  • Email(メール)
  • Affiliates (アフェリエイト)
  • Display(ディスプレイ広告)
  • Other(その他の流入)

カテゴリ別に分類すると、

  • 自然検索
  • 広告
  • その他

と大別すると良いと思います。

広告関連は、予算次第で、PVが上下します。
自然検索とその他(SNSやメール等)は、時間をかけただけ、PVを改善させることができます。

さらに分類すると、
自然検索は、WEBサイトの充実(内部対策)等に基づくため、ストック型
その他(SNSやメール等)は、一過性の効果のため、フロー型

整理しますと、

PVを延ばすためには、

  • 広告
  • 自然検索
  • その他(SNSやメール等)

と大別でき、

それぞれ、

  • 広告、その他(SNSやメール等):予算しだい、単発(スポット、フロー)
  • 自然検索:座布団方式(ストック)

という要素があります。

PVを改善し続けるために、

結論としては、
SEO対策(自然検索)に力を入れましょう、

ということなのですが、

では、
本当にSEO対策に力を入れると、PVが右肩上がりになるのか?

実は、
2018年4月14日~17日の4日間、本コラムの執筆をお休みいたしました。

(さぼったわけではありません)

本プロジェクトに沿った臨床実験です。

名付けて、
『コンテンツマーケティングをさぼるとどうなるか?』

コンテンツマーケティングとは?

簡単にいいますと、
有益なコンテンツ(情報)を発信することで、ユーザーを囲い込んでいくマーケティングのことです。

どうのように?

SEOの観点からいえば、
有益なコンテンツ(ページ)を次から次に増やしていくことで、結果、Google先生に好かれ、上位表示され、ユーザーの目に止まるようになる(、そして、ユーザーを囲い込むことができる)、ということです。

逆にいえば、
情報の発信が少ないWEBサイトは、

・順位を下げられる可能性が高い

つまり、
情報発信をやめてしまうと、どんなに充実したWEBサイトであっても、情報発信を続けているWEBサイトに抜かれてしまうリスクがある、ということです。

そこで、本題の、
『コンテンツマーケティングをさぼるとどうなるか?』

コンテンツマーケティングをさぼるとどうなるか?

本コラムサイトの
Googleサーチコンソールの結果(赤:表示回数、青:クリック数)です。

4月13日からダブつていますね。

※Googleサーチコンソールは、米国時間での表示のため、実際には4月14日頃のデータです。

たまたまかもしれませんが、クリック数(青ライン)は、ほぼ壊滅です。

本プロジェクト、
『広告予算がないなら、SEO対策を頑張りましょう!』ですが、

Google先生は、
作りだしたばっかりのWEBサイトには、かなりシビアな印象です。

2018年4月2日~4月13日まで、
毎日欠かさずコラムの執筆をしても、数日さぼると、もはや相手にもしてくれない!?

※上図は、自然検索に関連した数値、グラフです。

SEO対策のためのコンテンツマーケティング

ここで、ぜひ、

御社WEBサイトの運用状況に顧みてください。

『最近PVが下がっているな~?』

そう感じている方、

WEBサイトでの情報発信をさぼっていませんか?

リニューアルから、作りっぱなしになっていませんか?

再度、この画像。

4月2日~4月11日(頃)までの表示回数は、完全なる右肩上がりです。

Google先生は、
頑張っているWEBサイトを優先的に、上位表示してくれます。

逆にさぼる人は嫌います。

まずは、短文でも良いと思います。

ぜひ、みなさんも、

価値ある発信を毎日続けてみてください。

(本コラムサイトは、本日から再発進いたします!)

ぜひ、

有益な情報を発信し、ユーザーを囲い込んでください。

その結果が、お問い合わせなのです。

それが、コンテンツマーケティングです。

『最近、問い合わせがないな~』と感じたら、

コンテンツマーケティングにトライしてみてはいかがでしょうか。

以上、『SEO対策、コンテンツマーケティングの失敗事例』でした。

本コラムでは、
まだまだ、自然検索(コストゼロ)で、上位表示を実現する方法をお伝えしていきますので、

引き続き宜しくお願いいたします。

内田悟志のベンチャーマーケティング通信でした。


 
 内田悟志のベンチャーマーケティング通信

  • SEO対策を強化して自然検索で上位表示させたい
  • WEB広告を利用して、集客、販促を実現したい
  • SNSを活用して、新規顧客を開拓したい

など、
WEBマーケティングに課題やお悩みを抱えているようでしたら、
以下のお問い合わせフォームより、お気軽にご相談ください。

足立区のSEO会社 ユーエス・コンサルティング