進学塾・学習塾に必要なSEO対策とは?
「東陽町 中学生 塾」編 その2


 

進学塾・学習塾に必要なSEO対策とは?
「東陽町 中学生 塾」編 その2

 
お世話になっております。

スモールビジネスをBigに育てる専門家の内田悟志でございます。
 
 
今回はその2です。

進学塾・学習塾に必要なSEO対策についてご紹介いたします。
 
 
その1をご覧いただいていない方は、以下の記事をまずご覧ください。

進学塾・学習塾に必要なSEO対策とは?「東陽町 中学生 塾」編

 
 
本シリーズで投稿した記事、

進学塾・学習塾に必要なSEO対策とは?
「東陽町 中学生 塾」編

ですが、

残念ながら、

「東陽町 中学生 塾」では、
3ページ目にとどまってしまいました。
 
 
ただし、

(笑い話しレベルですが)

「塾 SEO」では、

1ページ目に上がっています。
 
 
まあ、それはそれでOKとしましょう。
 
 
そこで、

事前にご案内していたように、

1本目の記事で、上位表示ができなかった時の追加施策として、

2本目の記事を書く、というのが本施策となります。
 
 
ちなみに、この、

進学塾・学習塾に必要なSEO対策とは?「東陽町 中学生 塾」編

シリーズですが、

SEO対策に関する記事の作成方法に加え、

集客/販促(マーケティング)の基本も盛り込んでいきたいと思います。
 
 
そのため、

もし、その1をご覧いただいていない場合は、

まずは、その1からご覧いただくことをお勧めいたします。

進学塾・学習塾に必要なSEO対策とは?「東陽町 中学生 塾」編
 
 
まずは、

Googleで、

「東陽町 中学生 塾」

と検索してみてください。
 
 
3ページ目の上部あたりに、

「【木場/東陽町】都立高校入試に強い塾 ALESPARK|中学生・高校受験 …」

と表示されているかと思います。
 
 
ただし、

Googleの検索結果というのは、

エリアによっても違いますし、ブラウザの設定によっても違います。

PCかスマホか、という違いでも順位が変わってきます。
 
 
ですので、

3ページ目かもしれませんし、

4ページ目以降かもしれません。
 
 
そして、

検索の設定によっても順位は変わってきます。
 
 
SEO対策関連で、順位の確認をする際は、

ユーザーの行動に左右されない、

・「シークレットモード」や
・「プライバシーモード」

にて、検索してみてください。
 
 
ちなみに、私は、

・足立区在住

・PCにてGoogleクロームで、

・シークレットウィンドウ

という条件で、

2019.7.27 現在7:00に検索結果を見ています。
 
 
検索順位というのは、日夜変わりますので、

ご覧いただくタイミングによっても、結果は異なることになります。
 
 
昨日(2019.7.26)作成した記事、

「進学塾・学習塾に必要なSEO対策とは?「東陽町 中学生 塾」編|内田悟志」

も3ページ目に上がっています。
 
 
昨日の記事か、

または、ALESPARK(アレスパーク)の記事か、

今作成しているこの記事が、

2ページ目に表示されれば、

まずのところは成功、という判断となります。
 
 
昨日作成した記事が、既に3ページ目に表示されていることだけに鑑みれば、

「SEO対策は、時間がかかる」とよくいわれますが、

具体的な1つの目標を達成するだけであれば、

1日もかからない、ということがご理解いただけたかと思います。
 
 
もし、その1をご覧いただいていなければ、

ぜひ、こちらをご覧ください。

進学塾・学習塾に必要なSEO対策とは?「東陽町 中学生 塾」編
 
 
「東陽町 中学生 塾」で

上位表示された場合、以降どう活かしていくか

一旦ここで、状況の整理をしたいと思います。
 
 
現段階までで、

「東陽町 中学生 塾」

という検索クエリで、3ページ目の表示が実現しました。
 
 
この施策を通して、

仮に、1ページ目での表示を実現したと仮定しましょう。
 
 
検索して欲しい方は、

・東陽町近辺(塾周辺)で、

・中学生のご両親、または本人で、

・塾を探している

という条件設定となります。
 
 
もちろん、「塾」ではなく「学習塾」でも、

キーワードを1つ変えることで、同じように、SEO対策をすることが可能です。
 
 
「東陽町 中学生 学習塾」

こんな感じです。
 
 
話しを戻しますと、

そのような方が、

Googleの検索結果(タイトル):

進学塾・学習塾に必要なSEO対策とは?「東陽町 中学生 塾」編|内田悟志

を見たら、クリックするでしょうか?
 
 
答えは、NOですよね。
 
 
なので、

今後、やらなければいけないこととして、の手続きとして、

1. タイトルを変更して、クリックしていただける仕組みを作る

2. クリックして、そのページを見た時、問い合わせしたくなる仕組みを作る

が必要となります。
 
 
1.については、簡単に変更できそうですが、

2.は、集客という観点で、とても重要な変更となります。
 
 
あらためて、状況を整理してみましょう。

・東陽町近辺(塾周辺)で、

・中学生のご両親、または本人で、

・塾を探している

という方に、WEB(Google検索)を利用して、ALESPARK(アレスパーク)を紹介するため、
 
 
検索クエリを、

「東陽町 中学生 塾」と設定し、

(仮説)1ページ、記事を書いたところ、見事に上位表示を実現!

というのがここまでのストーリーです。
 
 
上述の条件に欠落しているのが、
 
 
より具体的には、

・既に、お問い合わせをいただいている方、や

・既に、体験入塾をしていただいた方

ではない、という条件ですね。
 
 
なぜなら、

1度、塾にお越しいただいた方に対しては、

SEO対策という手段を使わずとも、

DM等でダイレクトアプローチをすれば良いからです。
 
 
それはそれで、別の機会にその仕組みをご紹介したいと思います。

なので、重要なのは、

ターゲットは、新規の方であり、

「試してみようかな」

と思わせる仕掛けが必要となります。
 
 
ちなみに、

今回のSEO対策によって、

「東陽町 中学生 進学塾」

では、2ページ目上部(13位程度)
 
 
「東陽町 中学生 学習塾」

では、3ページ目上部(21位程度)
 
 
となっていますので、

「進学塾」では、もう少し、という感じです。

(2018.7.27 7:17現在)
 
 
試しに検索してみてください。
 
 

ターゲット(の新規)の方が、試したくなるような仕掛けとは!?

すぐにお分かりいただけると思います。
 
 
例:『体験入塾(1週間)は無料です』

などのオファー(メリット)ですね。
 
 
ただ、これだけでは、

塾業界では、あたりまえのことなので、

より具体的な訴求が必要となります。
 
 
例えば、

・「1週間で、実力変化を実感できます」とか、

・「1週間で、苦手な国語の力がグッと伸びます」とか、

・「次のテストで、苦手な国語の点数が20点上がります」とか、
 
 
内容が具体的であればあるほど、

ターゲットの方の課題にマッチすることになります。
 
 
中学生向けの場合は、

継続して通塾してもらうことが大前提となります。
 
 
そのため、

料金設定に対し、支払いが可能な方、

というのが条件となります。
 
 
言い換えると、

「そもそも、授業料が支払えない方は、ターゲットにならない」
 
 
ということになりますが、

単純に『除外する』、という発想は論外です。
 
 
ビジネスで最も重要な新規(無料体験)というのは、

それだけでも、

口コミだったり、紹介だったり、副次的に発生する売上と考える必要があります。
 
 
特に、SEO(自然検索)経由であれば、

コスト0円で獲得することになりますので、

ぜひ体験だけでもWELCOMEです。という姿勢で受け入れていきましょう。
 
 
つまり、

無料体験だけを試して、

他の塾と比較する方も大切なお客様なのです。
 
 
『塾のクオリティは誰にも負けない!』

という自負があるのであれば、

ご両親やお子様に時間を割いていただいて、尚且つ、

塾を勝手に紹介してくれる営業マンになっていただける、

ということです。
 
 

塾を勝手に紹介してくれる営業マンを作る仕組みとは?

またここで整理が必要です。
 
 
検索クエリ=「東陽町 中学生 塾」に対して、

・東陽町近辺(塾周辺)で、

・中学生のご両親、または本人で、

・塾を探している

・新規

・(できれば、経済力がある)

という条件を設定しました。
 
 
これが、今回のSEO対策の設計なのですが、

仕組みを完成させるにあたっては、

塾における収益構造とも照らし合わせる必要があります。

塾における収益構造とは?

塾(学習塾・進学塾)というのは、

エリア・マーケティングが基本となります。
 
 
エリア・マーケティングというのは、

簡単にいうと、

店舗の周辺何キロまでをターゲット(見込客)とするか、

という考え方です。
 
 
例えば、

半径1km圏内に10,000世帯が存在するなら、

中学生は、1,000人~3,000人程度(仮)でしょうか。
 
 
その母数の中から、

無料体験だけを試して、

他の塾と比較する方、というのも含まれることになります。

※もちろん、塾を勝手に紹介してくれる1番の営業マンは、塾生です。
 
 
つまり、

その3,000人、およびそのご両親やご兄弟の方等に、

『(仮)ALESPARK(アレパーク)が一番良い』と言わせれば、事業は安泰ということです。
 
 
または、

その3,000人に対して、

『(仮)ALESPARK(アレパーク)が一番良い』と言ってくれるインフルエンサーを囲い込めば、事業は安泰ということです。
 
 
これはインフルエンサー・マーケティングという領域なので、

また別の機会にご紹介させていただきます。
 
 
話しを戻しますと、

経営=継続的な営業にとっては、

無料体験だけを試して、他の塾と比較する方、

も、大切なお客様なのです。

※もちろん、塾のスペース的なキャパも勘案する必要はありますが。
 
 
もし、その時に、その生徒が入塾しなくても、

本当に良いサービスを提供できていれば、

・他の塾でうまく成績が上がらなかったとき、

・夏休み等、長期休みだけ、通塾を検討したとき

・高校受験前にあらためて通塾を検討したとき
 
 
どのようなケースであれ、

次の機会はやってくる、と考えられます。
 
 
長々と、何が言いたいかといいますと、

・まず、塾の存在すら知られていなければ、塾として存在しないも同然です。

つまり、SEO対策は、あくまで、認知(知っていただくため)の手段であり、

・なんらかの接触(無料体験等)することがゴールなのです。
 
 
なぜなら、

なんらかの接触ができれば、そこからは、

貴塾のクオリティやコミュニケーション能力の問題だからです。
 
 
そして、

経済力(支払能力)の問題で、

残念ながら、入塾にいたらなかったとしても、

すごく満足していただけたとしたら、

なんらかの形で、口コミを広げてくれるはずです。
 
 
ちなみに、

このような口コミを狙ったマーケティングを、

バイラル・マーケティングといいます。

飲食店のランチが、まさにこの手法によるものですね。

(ランチで安くておいしい:採算ド返し → 口コミにより、ディナーで顧客単価の引き上げ)
 
 
情報が溢れ、

さらには、マーケティングがデジタル化する中で、

このようなバイラル・マーケティングの優位性というのは、高まる一方だといえます。
 
 

エリア・マーケティングにて、安定した経営を続ける方法とは

今回のSEO対策で大切なことは、

・今回の施策をどのような仕組みに仕上げるか

はもちろん、

・事業モデルを理解し、1つの集客の仕組みとして、今回の施策に何の役割を持たせるか

ということです。
 
 
今回のSEO対策は、

事業の継続=安定した経営、という観点では、

些細なアクションかもしれませんが、

その些細なアクションであっても、

その施策から結果を出すためには、

お客様の目線で、細部まで設計する必要があります。
 
 
大変長くなってしまったので、

上述、今回のSEO対策に関する次の課題、

1. タイトルを変更して、クリックしていただける仕組みを作る

2. クリックして、そのページを見た時、お問い合わせしたくなる仕組みを作る

は、次回の記事であらためてご紹介させていただきたいと思います。

 
 

進学塾・学習塾に必要なSEO対策とは?
「東陽町 中学生 塾」編 その2– まとめ –

 
今回も、

進学塾・学習塾に必要なSEO対策の「基本のき」をご紹介させていただきました。
 
 
ぜひ読むだけではなく、

読んだその日=今日からぜひ実践してみてください。
 
 
そして、

実践してみて、わからないことがあれば、

ぜひ、お問い合わせください。
 
 
メッセンジャーをご利用いただければ、

簡単にご質問いただけるかと思います。
 
 
内田悟志
https://www.facebook.com/kitasenju1979
 
 
※『このページはご利用いただけません』と出る場合は、FBで『内田悟志』と検索してください。
※FB友達の申請もWELCOMEです。
※Googleで『内田悟志』と検索いただければ、1ページはほぼ私のコンテンツとなっています。
 
 
または、メールでもお受付いたします。

内田悟志
satoshi.uchida@the104.net
 
 
進学塾・学習塾が集客に使えるテクニックというと、

新聞折込やポスティング、そして、WEB広告、

というのが一般的ですが、
 
 
実は、SEO対策というのは、非常に有効な手段なのです。
 
 
SEO対策については、

いずれセミナーを開催したいと思っています。
 
 
その際にはぜひ聞きたい、などのご意見、

WELCOMEですので、ご遠慮なくご連絡いただけますと幸甚です。
 
 
引き続き宜しくお願いいたします。
 
 
スモールビジネスをBigに育てる専門家・内田悟志
https://www.facebook.com/kitasenju1979

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です