塾(学習塾/進学塾)の集客にはSEO/WEB広告を併用しましょう!


 

塾(学習塾/進学塾)の集客にはSEO/WEB広告を併用しましょう!

お世話になっております。

スモールビジネスをBigに育てる専門家の内田悟志でございます。
 
 
WEBでの集客、得意でしょうか?
 
 
得意であっても、

そうでなくても、

まずは、始めることから始めましょう!
 
 
まずは、イメージしてみてください。
 
 
小学生のとき、

英語を話せましたか?書けましたか?聞き取れましたか?
 
 
では、

今はどうですか?

もちろん、その当時と比べて。
 
 
苦手!

かもしれませんが、

続けることで、

少しずつレベルアップしたはずです。
 
 
なので、

本日から、少しずつ、

WEBでの集客に時間を割いてみましょう。

そして、できるだけ時間を作ってください。
 
 
始めれば、

必ず、少しずつレベルアップしていきます!
 
 

なぜ、WEB集客なのか!?

WEB集客をお勧めする理由はたくさんあります。

まずは2つほど例示させていただきます。
 
 

WEBコンテンツは資産なのです

一度作ったWEBコンテンツは、WEB上の不動産です。

WEBサイトを転売することもできます。
 
 
『SEO対策』という言葉はご存知でしょうか?

『自然検索(Google検索)』の方がわかりやすいかもしれませんね。
 
 
簡単にいえば、

Google検索の結果のことです。
 
 
試しに、『塾 SEO対策』と検索してみてください。

『進学塾・学習塾に必要なSEO対策とは?』という記事が出てくるかと思います。
 
 
SEOを活用するだけで、

Google上に、

自分で載せたい情報を載せることができます。
 
 
これが、WEB施策の1番の魅力です。
 
 

WEBコンテンツは無料なのです

上述のように掲載される情報は、

Google上に資産がたまっていく資産なのです。

そして、無料なのです!
 
 
WEB広告だと有料ですが、

WEBコンテンツを一度作ってしまえば、無料で検索結果に表示されます。

クオリティ次第では、半永久的に、広告のように、無料で配信し続けることができます。
 
 

塾(学習塾/進学塾)に必要なWEBコンテンツとは?

ホームページは、既にお持ちでしょうか?
 
 
もし、無いのなら、絶対に作るべきです。

名刺は、お持ちですよね。
 
 
名刺は、お会いした方にお渡しするものですが、

ホームページは、お会いしていない方に見てもらうものです。
 
 
簡単にいえば、

・ホームページを見てもらって、

・塾に来てもらう、

という導線ですね。
 
 
では、

・ホームページを見てもらって、

の手前の導線を意識したことはありますか?
 
 
・口コミ

・紹介

でしょうか?
 
 

塾(学習塾/進学塾)にとって、『ホームページを見てもらって』の手前の導線とは?

一番簡単なのはWEB広告ですね。
 
 
広告上の制約はあるかもしれませんが、

WEB広告を配信して、直接ホームページを閲覧させる。
 
 
これが手っ取り早い方法ですが、

では、WEB広告は試したことはありますか?
 
 
試したことがある方なら、

費用対効果がちょっと、、、

なんて、感想を持つかもしれません。
 
 
ただ、そこにも気づきがあります。
 
 
『費用対効果が悪いから、やらない!』

ではなく、費用対効果が悪いなら、費用対効果を改善すれば良いのです!
 
 

塾(学習塾/進学塾)にとって、費用対効果の高いWEB広告とは?

貴塾の強みはなんでしょうか?
 
 
その強みを活かしたサービスで、いくら稼げますか?

そのサービス内容は、価格相応でしょうか?

そのサービスを提供するのに、プロモーション・コストはいくらですか?
 
 

プロモーション・コストとは?

プロモーション・コストとは、あるサービスを販売するにあたって必要となる広告費のことです。
 
 
つまり、これが費用対効果と関係してきます。

100円のガムを売るのに、

500円の広告費が必要なら、

そのガムを売る意味はありません。
 
 
10,000円のサービスを売るのに、

1,000円の広告費しかかからないのなら、

非常に良いサービスかもしれません。
 
 
既にお察しの通り、

販売するサービスの価格からプロモーションコストを差し引いた『粗利』、

これをベースに、サービス設計をすれば良いのです。
 
 
今手元にあるものを売るだけではなく、

十分な『粗利』が出るものに再設計し、販売すれば良いのです。
 
 
費用対効果を考える際、

まずは、サービス設計においてプロモーション・コストを前提に考える。
 
 
そして、

『粗利』がしっかり出る、現実的なサービス設計となったなら、

WEBで集客or販促をする。
 
 
もちろん、

はじめはWEB広告を頼ることになってしまうかもしれません。
 
 
できれば、

広告費(=プロモーション・コスト)も削りたいですね。
 
 
そこで、

上述SEOのテクニックが必要になるのです。
 
 
SEOは簡単にマスターできるものではありませんが、

少しずつレベルアップすることで、

その分だけ広告費を削れることになります。
 
 
プロモーション・コストが限りなくゼロになれば、

どんな商品であれ、

その分だけ利益率は100%に近くなるということです。
 
 
ぜひ、WEB戦略を取り入れて

技術(塾のクオリティ)×WEB集客=売上

という設計を再構築してみてください。
 
 
スモールビジネスをBigに育てる専門家・内田悟志